pleated calendar - M6 size

〈W折りカレンダー〉

2種類セットで並べると、見開き一年のカレンダーになります

1つのセットには同じリフィルが3枚入っています。

カレンダーの期間は「今年の7〜12月」と「翌年の1〜6月」です。その次に出るセット(「翌年の7〜12月」と「翌々年の1〜6月」)を購入して見開きにすると、一年分のカレンダーが見渡せるというデザインです。

カレンダーの構造は、「なんで折りカレンダーは区切りが変なの」という記事で詳しく解説しております。

つまり、1セットだけだと、今年のカレンダーは6ヶ月分のみ入っていることになるので、ご注意くださいませ……

おもて面(パンチ穴が左側にある面)にはその年の後半、7〜12月のカレンダーが入っています。

うら面(パンチ穴が右側にある面)には翌年の1〜6月のカレンダーが入っています。

期間のつながる2種類のうら面とおもて面を並べると、1年分のカレンダーが完成します。

それぞれの裏面を含めると、足かけ3年分のカレンダーが手帳に収まる計算です。

印刷しているのは「月の数字」「日付」「曜日の英語表記の頭文字」のみです。祝日や六曜などの記載は思い切って省略しております。カレンダーにも関わらず月曜始まりなのに違和感を抱かれる方もいらっしゃるかもしれません。なにとぞご容赦ください。

バイブルサイズには〈3つ折りカレンダー〉、M6サイズには〈W折りカレンダー〉がございます。

商品情報

  • 品番 : N-****(4桁の数字、期間に準じる)
  • 入数 : 3枚入り
  • サイズ: M6サイズ相当(126×260mm)※ 3回折り
  • 価格 : 605円(税込)

折りカレンダーの使い方いろいろ

〈フレックスダイアリー〉〈4つ折りカレンダー〉秋の季節に日記を始めたくなったら(強引)、M5サイズで小さく始めてみるのはいかがでしょう。日付シートと簡単な絵文字でレッツトライ!

続きを読む

〈折りカレンダー〉1日のスペースがだいぶ小さい折りカレンダーに、必要な情報を書き込むTipsをお伝えするつもりが、カレンダー論みたいになってしまいました。

続きを読む

〈折りカレンダー〉智文堂の折りカレンダーは区切りが変則的で、イベントではできる限り使い方を詳しくお伝えしています。ブログでも改めて記事にしました。

続きを読む

〈W折りカレンダー〉個人的に切実な問題であるストレッチをどうにかして定着させるべく、バレットジャーナルでおなじみのハビットトラッカーをシステム手帳で模索中です。

続きを読む

〈3つ折りカレンダー〉折りカレンダーの紙の広さと、スペアが2枚ある余剰を活かして、公私ともに欠かせない多色カラーペンの組み合わせ表を、気合いを入れて作った話です。

続きを読む

〈リフィル4種〉SNSのハッシュタグチャレンジを無事完走したので、ブログに記録しておきます。写真多め。達成感がすごいです……バンザーイ。

続きを読む

関西のイベントで発売したM6サイズのリフィルを(ようやく)WEBとSTOREに掲載しました。お問い合わせくださった方、大変お待たせいたしました!

続きを読む

〈3つ折りカレンダー〉この小さい一枠の中にいかに情報を詰め込むか……と考えて、なら小さいシールを使えばいいのでは?!と思いついた記事です。

続きを読む

〈3つ折りカレンダー〉京都では六月晦日に食べる慣わしの水無月、2020年は売り切れでゲットならず……来年の自分に申し送りをしておきます。

続きを読む