M6サイズの発売とSHOP掲載

神戸の「ふでまめ女子」と大阪の「システム手帳サミット」で発売したM6サイズのリフィルを、ようやく智文堂WEBとSTOREに掲載いたしました。大変お待たせしまして失礼いたしました!

シリーズ名は「波文葉」、筆文葉とそら文葉とはまた紙が違います。罫線は青く、紙は白みが強いです。(全種類を試したわけではありませんが)万年筆やガラスペンとそのインクでは問題なくお使いいただけますので、ご安心ください。

商品は全部で10品目、12種類です。〈W折りカレンダー〉に2シーズン分、トレーシングペーパーの〈沙〉に2種類あります。

入数、価格、品番などの基本情報はWEBとSTOREどちらでもご確認いただけます。

名前の由来や制作時の小話などは智文堂WEBの商品ページでお読みください。下の画像をクリックすると、波文葉のトップページに遷移します。

M6サイズは、長くシステム手帳をお使いの方に愛されているなあという印象があります。M5サイズでは物足りないけどバイブルサイズは持ち運ぶには大きい、と感じていらっしゃる方には是非お試しいただきたいです。

リフィルの穴に関するお知らせ

WEBとSTOREのトップページに掲載していますが、イベント後、お客様からご連絡をいただいて、穴位置不良のために手帳カバーの金具と干渉してしまうものが混ざっていることが判明いたしました。

明らかに穴位置がずれていて金具に通らないものは検品で除外し、手元にある手帳の金具(複数のリング径)では問題なく使えることを確認しておりますが、(主にコストの都合で)手作業で穴あけをしているため、コンマ数ミリ穴がずれたことによって、金具の太いカバーだとめくりにくいものが入っている可能性がございます。

もし、予定していた手帳で使いづらいことが判明した場合は商品を交換させていただきますので、お手数と時間をおかけして大変申し訳ございませんが、お問い合わせフォームやインスタのDM等でご連絡いただけましたら幸いです。

現在、根本的に解消するべく、コストと設備の調整を業者さんと進めていますので、引き続きご指導いただければ幸いです。


使い方も記事でご紹介していきます……のですが、11月20日(土)21日(日)に神戸ペンショーがございまして、日付シートも作りたいので、またお待たせすることになってしまいそうです、すみません😂気長にお付き合いいただければ幸いです!

それでは、次回もよろしくお願いいたします。