message leaf with perforation

〈切り取り一筆箋〉

手帳に一筆箋をたずさえておけるリフィルです。

綴じ穴近くのミシン目で切り離せます。紙が厚いので、ページをめくる程度では割けることはありません。

Story

会社員時代、書類などを郵送する際、ひとこと書き添えたいと思うことがちょくちょくあったのですが、ここに一筆箋があれば……とほぞを噛んでも、喉元過ぎれば熱さを忘れ。でも手帳は欠かさず持ち歩いていたので、このリフィルがあればバッチリ!と当時の自分に伝えたい。雰囲気のある紙で、便箋などがお好きな相手には「おっ」と思っていただけそうでもあります。

Designer's Point

  • 余白部分を活かして、好みの便りに仕立てられます。宛名や補足事項を書く場所として使うほか、ハンコやシールやイラストを添えても。
  • 原稿用紙に見立てて、文字数を数えたり、文芸作品をしたためても趣があります。

Description

用紙は17文字 × 6列=102文字のマス目になっています。マス目と綴じ穴の間にはあえて余白をもたせました。

Details

品番
F-KP

寸法
バイブルサイズ(170×95)

入数
30枚入り

価格
550円+税

罫種
マス目罫

Enjoy your writing life!
〈切り取り一筆箋〉の使い方いろいろ

筆文葉の〈3つ折りカレンダー〉は、単体で見ると7月始まりです。まだお使いでない方も試してみるチャンス!さて今回は、手帳といえばまず真っ先に用途として思い浮かぶダイアリー(スケジュール帳)のデザインを、いまある筆文葉のリフィルに載せていろいろと考えてみました。ライフスタイルの数だけ手帳の形があると言っても過言ではありませんが、ご自身に合う形について、何かの参考になれば幸いです。

続きを読む

〈吹き寄せパック/風物のデザイン〉の中でもひときわ個性の強い〈分度器〉リフィルで、インクの色見本を作ってみました。円を使って色を系統(グループ)ごとに並べるのは親しみのある形ですが、ここでは分度器リフィルの罫線を活かした工夫をしています。かなりの色数を1ページに収められますので、ついインクを買ってしまう方にお試しいただきたい方法です。

続きを読む

〈切り取り一筆箋〉リフィル自体の使い方ではない記事が続きますが、今回は一筆箋をカードとして使うときの装いについてご紹介したいと思います。とうとう工作の域に足を踏み込んでしまいました……。とはいえA4判の紙一枚とはさみとのりがあれば簡単にできますので、よろしければお試しください。店頭の飾り付けもクリスマス色が濃くなってきたこの季節、筆文葉もプレゼント候補の一つとしていかがでしょうか?

続きを読む

〈切り取り一筆箋〉新しい習慣は、始めてから定着するまでが勝負です(筆者の場合)。ともすれば中だるみしそうな時期を乗り越えるために、ちょっとゲーム的な工夫があると良いのではないか……ということで試しに始めてみたら、案外悪くないようです。原稿用紙罫の、ちょっと変わった使い方のご紹介です。

続きを読む

長期間システム手帳に入れて、繰り返しめくるリフィルについては、リング穴がくたびれてくる心配があります。一般的にはパンチ穴補強シールが使われていますが、今回は筆文葉ならではのちょっとした工夫で、ほんのりエコな方法を思いつきましたのでご紹介します。

続きを読む

〈切り取り一筆箋〉ちょっとした脳のトレーニングとして、自己紹介文の作成を取り上げてみます。軽い気持ちでつくっておくと、いざ必要なときに役に立つかもしれません。100〜150文字程度の短文作成に「切り取り一筆箋」はいかがでしょうか。

続きを読む

同様のワーク

〈粧ひセット〉M5サイズ

black paper - personal size

〈粧ひセット〉バイブルサイズ

black paper - personal size

〈霜〉

black paper - personal size