プチトリップ to 淡路島(の記録)
〈ライブラリーリフィル〉
〈無罫(分割ガイド付)〉商品ページ

2022年9月初めに淡路島へプチトリップに行ってきました。淡路島はのびやかな海と山と田園が広がり、神戸からは車で2時間ほどで訪れることのできる、ドライブにぴったりの場所なのです。

この記事を書いているのは2023年1月下旬。5ヶ月近く何やってたんだって感じですが、ようやく手帳に記録をまとめましたのでご紹介します。例によって大長文の予感。お覚悟召されよ。

記録をまとめるまでのうだうだ

プチトリップのとき、持参した文房具のご紹介などはしていました。タグ「#プチトリップ」から、よろしければご覧ください。リフィル以前の話でございます。

9月のうちに旅程は整理して、買ったもの・飲み食いしたものも年内には描き、ひとまずリフィル2枚はできたのです。備忘録としては十分だけども、お出かけ記録としてはちょっと物足りないし表紙もつけたい。でも何をどう書こうかしら?と寝かせていたらこんなに時間が。

でも先にタイムラインと使ったお金(どちらも数字)をメモしていたおかげでプレッシャー少なめ(だから完成に時間かかった説)。楽しく仕上げられました。しかしここで白状しますが、いま上記の記事を見返していろいろメモを書いてたことを思い出した始末。あとで書き加えとこ……(メモの意味)

2023/01/25夜に、忘れていたメモを追加しました。詳細はページ下部へ。

ページはこうなりました

  1. 表紙
  2. 行ったところ概要
  3. 旅の間の一コマ
  4. 買ってきたお土産の話
  5. タイムライン
  6. 使ったお金
  7. 食べたもの飲んだもの
  8. スタンプやレシートのスクラップ
  9. 旅の合間のちょっとした出来事(2023/01/25夜に追記)
  10. 旅全体の反省点や所感など(2023/01/25夜に追記)

全8ページ、リフィル4枚。1と2に〈ライブラリーリフィル〉、3と4・7と8に〈無罫(分割ガイド付)〉、5と6に〈フレックスダイアリー〉を使用してます。こうして自由に組み合わせられるのがシステム手帳の真骨頂という感じですね✨

追記した9と10は〈変わり水玉〉(〈吹き寄せパック/風物のデザイン〉に入ってます)を使いました。

では順番にご覧ください。(ホラ長くなる)

表紙

テーマカラーはなんとなくグリーンになりました。なんでやろ……あ、当時の日付シートがグリーンやったからや(ノンポリ)

表紙といえば〈ライブラリーリフィル〉です。自分で言うのもアレですが、めっちゃレイアウトしやすい!タイトル部分は上下のラインをちょっと太くなぞってから、ブラシペンを使ってグラデーション調に。

右下の罫線部分には、記録の編集履歴を入れました。アプリのバージョン履歴風。(わかりにくい例え)

さっき(上に書いた通り)メモを思い出したので、写真には写ってませんが、走行距離も表紙に書き入れておきました。2日間で240kmは、我らとしては長い方。

写真で旅のあれこれをピックアップ

見開きの、左側← が〈ライブラリーリフィル〉の裏で、右側→ が〈無罫(分割ガイド付)〉です。〈ライブラリーリフィル〉裏面にこんな使い方が!と、新たな発見でホクホク。

うおお〜〜映える手帳っぽい!(不慣れ丸出し)このページの写真には、手帳の下敷きになって写り込んでいる、エーワンの写真シール「Stamp M」を使っています。白く飛んでてわかりにくいですが、枠が切手風のモチーフで可愛いんです(どうでもいいけどエーワンって3Mグループになってるんですね)。

文字部、タイトルはボールサインiDの0.5、本文は0.4を使っています。これだけ印象が違うと使い分け甲斐がありますね!マイルドライナーの細い方でタイトル前後をちょこっとお飾り。

お土産の話とタイムライン

見開きの、左側← が〈無罫(分割ガイド付)〉、右側→ が〈フレックスダイアリー〉です。

ぎょ〜〜文字ばっかり。こっちが私の本性です。

左側にはお土産に買ったオブジェの由来などをまとめてみました。スライドショーで紙面をもう少し近くでご覧いただけます。

かわいいっ……😍そもそもこれを写真シールにしたかったのでした。サイズの可愛さを表現しようとしたら、シールではちょっと小さくなりすぎてしまった。〈無罫(分割ガイド付)〉のガイドを使って上1/3のところに線を引き、上部にメーカーの情報、下部にエピソードなどを書いてます。線にまたがるように写真を貼ったのがひとひねり。

タイムラインは〈フレックスダイアリー〉で。少し寄った写真をスライド2枚目に掲載しました。

2日分の旅程詳細を書くのに、9時〜18時の目盛りと方眼がぴったりです。滞在時間の長かった場所はマーカーの太字で帯を引いてわかりやすくしました。この〈フレックスダイアリー〉の使い方、超お気に入り。

使ったお金と食べたもの

見開きの、左側← が〈フレックスダイアリー〉、右側→ が〈無罫(分割ガイド付)〉ふたたび。

もうこの絵を描いた時点で記録の9割は終わったも同然というか……(気持ちの問題)

使ったお金は、数字つながりでタイムラインと同じリフィルの裏面にまとめました。

あ、ETC入れ忘れてる。あとで確認せねば。

アイスを入れてるコーン(ウエハース?)がなかなかいい質感に描けたので、絵のアップも載せてしまいます😁しかもスライド。自分大好きか。

また食べたくなってきた……(蘇る味覚の記憶)

いろいろスクラップ

最後のページです。一緒に写ってる紙袋はデザインが可愛いので保存している、道の駅うずしおのショップのものです。鉄の玉ねぎを買ったときにこれに入れてくれました。スライドするとリフィルをアップで見られます➡️

これ「道の駅くるくるなると」のは駅のスタンプや紙袋の切り抜きですが、他は全部レシートから切ってきたのです。最近のレジは高性能ですね〜〜。レシートのロゴやイラストを集めるだけで楽しいページになりました。

2023/01/25追記

お出かけ直後にささっとまとめた記録、について書いた記事を読んでようやく思い出したメモの存在。慌てて手帳に加えました。

旅の合間のちょっとした出来事

スクラップのページが重複しますがご容赦ください。メモのページには〈吹き寄せパック/風物のデザイン〉の中に入っているデザインのひとつ〈変わり水玉〉を使用しています。

お出かけ直後の記録を見てみると、ネタは全部で10個ありました。そのうち、途中のパーキングエリアで買った品物については「使ったお金」のところに書いたので、残りは9個。〈変わり水玉〉の、文字を十分に書ける大きさの円を数えたら11個!タイトル入れたらほぼぴったりじゃないの!

ささっと記録に書いたのはほんの一言ばかりでしたが(一番長い文章でも20文字程度)、時間が経ったいまでも読み返すとどういう状況だったかパッと蘇ってきたので、くどくど説明するよりこのままの方がいいかも、とほぼそのまま活かすことに。こういう短いメモを書くのに〈変わり水玉〉はぴったりですねえ。

書き方のポイント、というほどでもありませんが、ちょっとひねったところは2つです。

  1. うれしいことや面白いことは濃い色、あちゃーなことやちょっと失敗したことは淡い色のペンで
  2. 1日目か2日目かを数字のハンコで区別できるように

セージのスタンプインクが思いのほか色が控えめだったので、淡い方のペンで縁取りしています(数字の1)。むしろ可愛く仕上がったかも🌱

旅全体の反省点や所感

帰ってきて「こうしたらもっと良かったな〜」と思ったこともメモしてあったので(やるな私)(メモのこと忘れてたんじゃ意味ないっちゅうの)、それも近くに書き残しておくことにしました。

次回のお出かけのときにここをチェックして活かせるといいな、の目論見も込めて。

丸の縁飾りは、少し前にインスタのネタにした、タイトルリース(wreath doodle frames)のアイデアからピックアップしました。過去の私よありがとう。スライド➡️すると少し大きい写真でご覧いただけます。

タイトルの文字は淡く、コメント本文は濃くしましたが、ちょっと頼りなかったので、タイトル周辺に100均のミニミニスタンプで星やハートを散らしてみました。スライド1枚目が星、2枚目がハートです。スタンプインクにつけ直さずに2回、3回と押すと、自然に濃淡がついていい感じに。

これくらい余白があった方が、読み返すときに圧が低くていいです👌(ほっとくといくらでも長く書いちゃう私ですから……)

書き終えた感想

いろいろレイアウトや構成を考えるのが楽しうございました。旅自体が楽しかったからだと思います。そういう楽しいお出かけで、素材もいろいろ揃っていたら、手帳のコンテンツとしてちょっと手間暇かけてみるのもおすすめです。旅の余韻を反芻する時間。

使ったお金のページは下1/3くらいのスペースが余っています。ここに鉄の玉ねぎの情報を入れることも考えましたが、なんとなくテイストが違うな……と思ってページを分けました。おかげで書き忘れていたETCの詳細を入れられそうです(乗り降りしたICとかまで書きたいタイプ)。それでなくても、後日、まつわる出来事や豆知識を書き加えるのも楽しいので、半分以上埋まったページは無理に埋めず、余白を残したままにしておいてもいいかもしれません。

使ったリフィルは以下です。

それでは、次回もよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です