grid / section 3mm

〈方眼罫3mm〉

3mm幅の方眼罫です。

文章を書くにも、図を描くにも融通がききますし、文章のタテ書きも、手帳のヨコ置きも難なく受け止めてくれます。方眼罫そのものが、懐の深さのある罫種だなあと思います。

ドット方眼もあります。(⇒バイブルサイズM5サイズ)

Story

バイブルサイズ(170×95)の紙面は広くはないので、たくさんの情報を盛り込みたい用途には、こまかい方眼がよいガイドになると考えました。
横罫9mmの補助罫の幅が3mmですし、ちょっとした「おそろい」の感じも出たかなと思います。

Designer's Point

方眼が細かいので、インデントや行間など、余白を細かく調整できます。

Description

Details

品番
F-G1

寸法
バイブルサイズ(170×95)

入数
30枚入り

価格
550円+税

罫種
方眼罫(3mm)

Enjoy your writing life!
〈方眼罫3mm〉の使い方いろいろ

久しぶりの記事です。ダイアリーの続きも書きたいのですが、ふっと「そういえば、筆文葉の紙に実際に書いてみたらどんな仕上がりになるか、あらためて紹介したことはなかったから、ちょっと取り上げてみよう」と思いついてしまったので、先にこちらの話題で失礼いたします。

続きを読む

〈方眼罫3mm〉いよいよ写真カタログが揃ってきましたので、今回の記事ではそれを使って、自分の服の傾向を知るための分析をやってみたいと思います。全体を俯瞰するためには一覧表を作ってみるのが有効です。なんとなく持っている印象と、現実のクローゼットは意外にズレていたりして。書くことで「足りないものが何か」つかめるかもしれません。

続きを読む

〈方眼罫3mm〉前回は写真の準備についてお話ししました。今回はカタログらしい体裁を整えるための作業工程や、ひととおり完成させるためのコツなどをご紹介します。これだけ手間暇をかけたら(万人向きではないというツッコミは覚悟しつつ)、カタログに載せた服自体への愛着もひとかたならぬものになっているはず!?

続きを読む

〈方眼罫3mm〉元気かどうかは気分にもよりますが、体の調子は、体温や体重などの変化に意外に現れているものかもしれません。簡単に計測できる数値は、手近に開けるシステム手帳に書き残していくと、その変化からいろいろ発見があって、思いもかけない楽しさを味わえます。

続きを読む

〈方眼罫3mm〉システム手帳と、綴じ手帳と、デジタル機器(スマートフォン)。ともすると役割が重なってしまいがちなこれらを使い分けるために、システム手帳にはどういう情報を入れると強いか、用例はちょっと(かなり?)マニアックですが、考えてみました。

続きを読む

同様のワーク

〈粧ひセット〉M5サイズ

black paper - personal size

〈粧ひセット〉バイブルサイズ

black paper - personal size

〈霜〉

black paper - personal size