智文堂ワークショップ

システム手帳でENJOY書写

2021年9月25日(土)・26日(日)に予定されている『ふでまめ女子 & Journal Party in KOBE』で、物販と並行してワークショップもさせていただけることになりました!ここではワークショップの情報をお伝えしようと思います。

イベントそのものについて

イベント詳細は、以下のイベント名をクリックしてご確認ください。

No event found!

以下、ワークショップ情報です。WS=ワークショップ、の略号です。

WS所要時間

マンツーマンで30分程度を予定しています。

WS参加費

お一人様、税込 ¥1,200- とさせていただきます。伝票をお渡ししますので、お帰りの際、集合レジで商品と一緒にお会計ください。ワークショップ後、完成した作品とともに、使用した水筆やペン型のり、サンプルのブックレットをお持ち帰りいただけます。

WS参加方法

イベントは事前チケット購入制です。ナガサワ文具センターのイベント情報ページからお申し込みいただけます。

ワークショップは順次受付です(ご予約優先)。イベントにご参加の方は、ご都合のいいタイミングでお声がけいただければ、物販ブース横のスペースですぐにワークショップを開始いたします。ただし、ご予約の方の時間と重なる場合は受付ができませんので、ご了承ください。

ご予約は、NAGASAWA Journal Style のインスタグラム公式アカウント智文堂かなじいのアカウントまで、DMにてご連絡お願いいたします。

ご用意いただくもの

インクを入れた万年筆を1本、ご持参ください。ボールペンやカラーペンでもOKです。万年筆の字幅は中細(MF)くらいまで、ボールペンの場合は 0.5mm径くらいまでがオススメです。

WS内容

百人一首(のうちの数首)を、システム手帳のリフィルに書いて、インクでカラフルに彩ります。お手本……というかサンプルを、バイブルサイズ・M5サイズそれぞれご用意していますので、それを見ながら、手書きの時間を一緒に楽しんでいただければ幸せです。

和歌はご持参のペンで書いていただき、インクは会場に用意したものをお使いいただけます。なんと!このインク、ナガサワ文具センターのオリジナルインク「Kobe INK物語」をお借りできるのです。ヤッター!(個人的な喜び)全色ではなく、かなじいの独断と偏見でピックアップした限られた色数ですが、めくるめく神戸の色彩をお楽しみいただけると思います。

WSの簡単な流れ

以下のような流れを考えています。お客様役には十二単の女性の姿を借りました。

ご参加の方とご挨拶のあと、素材セット(道具を袋詰めしたもの)をお渡しします。

あらかじめ用意したサンプルの中から、ワークショップで描きたいものをひとつお選びください。

お選びいただいたサンプルに応じて、使用リフィルをお渡しします。インクもパレットに取り分けます。

おもむろに手書きスタートです。サンプルに忠実に描くもよし、お好きに遊んでいただくのも大歓迎です。

30分が経過したら終了です。時間内に少なくとも作品1つを完成させてお持ち帰りいただけると思います!

(本当にどうでもいい余談)何も知らずに上のイラストを見た連れ合いが「なんで百人一首みたいな人がおるん」とのたまいました。ガッツポーズ!

WS使用サンプル

現在、以下のサンプルをご用意しています。(写真をこれだけ大きくお見せしたらほとんどワークショップの必要ないんじゃ?って感じですが……😅)もし、もっとお気に入りのサンプルができたら、直前に差し替える可能性もありますのでご了承ください。

追加情報や変更がありましたら随時追加していきます。どうぞよろしくお願いいたします〜。